店舗看板の核心にせまってきました

看板は顧客を取りこんで離さない

店舗は看板屋の商品であふれています
店舗外の看板や、店舗看板はもちろん、先に触れましたのぼり旗などのツール、店内でもポスターパネルやパネルスタンド、トイレへの誘導サイン、販促用のPOP、 ホワイトボードや掲示板なども使い方次第で有用な販促ツールになります。
お客様である店舗オーナーさんも、集客や売り上げアップのための的確な助言があれば、こんなに心強いパートナーはありません。
手を出せるところはまだまだあります。名刺にチラシ、ポスター、会社であれば封筒や便箋なども看板として利用できます。
ホームページの作成、SEO対策もお手伝いもできればさらに仕事の幅が広がります。

広告代理店

現在このような仕事を行っているのは広告代理店です

当然ながら一般の個人商店のオーナーさんや、中小企業では大手の代理店など使えるはずはありません。
だからこそ「広告に対して頼れる存在」が求められているのです。
ここまで読んでいただいたみなさんは、全ての製作を自社でやらなくても良いことは理解していただいていると思います。
どこまで自分でやるかはあなたが決めて下さい。
最初はパソコン1台から始めればOKです。製作、施工は全て外注任せでもかまいません。受注が増えれば出力機などを導入して板面の自社制作、 さらに仕事が増えれば鉄骨の溶接や塗装など、人と設備を拡充していけば良いでしょう。

その頃には顧客も売り上げも増加しているはずです。
会社名も肩書も自由に決めて下さい。
「総合広告代理店」や「グラフィックデザイン」などあこがれていた職業の経営者、チーフデザイナーになればいいのです。
また、あなたの周りには人があふれているでしょう。看板業界は1社では全てをこなせません。 信頼できる外注先や凄腕の職人、だんだんと人脈が広がり、仕事が広がります。
良い仕事を続けていけば、いつか必ずそうなれるはずです。